2ヶ月で1ヶ月分の給料を…

近くのアイフル店舗

MENU
2ヶ月で1ヶ月分の給料を…

2ヶ月で1ヶ月分の給料を…

2ヶ月で自身の1ヶ月分の給料を元彼に貸しました。
彼は消費者金融から借金をして引っ越しをしていたようでそれを内緒にしていました。
まだ引越し後、仕事が見つかっておらず、短期のバイトをすることもなく。

 

 

借りたお金だけでは引っ越しだけでいっぱいだったようで生活費の捻出ができなかったようです。
結局は貸してあげることになったのですが、本人はそれが当たり前かのようにしていました。
その時期、私は正社員で働き始めたところで給料も安く実家暮らしでも生活が苦しかったです。

 

 

元彼は前の家の方でも光熱費を払っていなかったようでその支払、東京への研修費も全て建て替えました。
市の方にお金を借りようとしましたが何ヶ月か先になってしまうということでそれまでの費用をすべて出しました。
実家暮らしなのに誰かと遊んだり、洋服を買うことはできませんでした。食事は家で食べればよかったので安心でした。
消費者金融でお金を借りているとのことで返済額を聞きましたが30万程度でしたが利息などがつくとやはり返済額が大きくなってしまうので、早めに返済をしてしまう方がいいと判断し少しずつ返済を始めさせました。

 

 

自分の生活は仕事、家、元彼の家の行き来だけでガソリン代を払うのも苦しいほどでした。
後からわかったことですが、引っ越しだけの費用で…と行っていましたがネットでいろいろと課金をして使っていたようです。
自分が稼いだお金ではないからなのか、本人の気質なのか無駄使いばかりしていたようです。

 

 

両親からも家にお金を入れるように言われていましたが出してあげなくてはいけない部分が多すぎて、待ってもらう選択しかなくとても窮屈な実家暮らしでした。
自分は相手の生活を成り立たせるために必死になっているのに等の本人はまたお金借りたらいいという感覚だったようです。
じゃぁ利息は?と聞いてもまぁ借りれるしそのうち返済できるだろうと安易に考えていたようです。
私の通帳の残高は毎回ほぼ0で、何をどうやりくりするか必死で考えて貯蓄を切り崩しても助けなければと頑張っていました。
給料日の日を計算し、自分の仕事で使わなくてはいけないものの購入や出費、自身の奨学金の返済などプランを作りやりくりしていました。
気がついた時には自分の貯蓄は0になっていました。とてもショックでした。

 

 

実家暮らしでなければ到底できなかったように思います。
お金がないと何をするにも余裕がなく、漠然とした不安に襲われたりすることが多く精神的に落ち込むことが多かったです。
今となってはあんなに頑張ってあげなくてもよかったのではないかと思います。
自分で借りたものに責任を持たせしっかり困ってもらえばよかったな。と思います。

 

 

正直、自分がこんなにお金に困るとは思っていなかったです。
職場でたまに接することがある生活保護を受けている方などの辛さを知ることができたと思い、いい経験だったと思うようにしています。